MENU
義歯やインプラント等でお困りの方は三重県桑名市の【桑栄歯科】へ
main-kokugeka

口腔外科

口腔外科で行っている、診療内容を一部ご紹介いたします。

埋伏智歯の抜歯

智歯(ちし)とは、よく知られる言葉で言えば「親知らず」のことです。専門用語で8番ですとか、智歯あるいは第3大臼歯とも呼ばれます。

主に20歳前後にほかの歯に比べ遅れて生えてくる奥歯で、昔の方は寿命が一般的に短かったため、親が亡くなってから生えてくるという由来で「親知らず」という名前がつけられたとも言われています。
生える時期には個人差が大きく、また親知らずは4本ありますが、何本かが欠如しているということもあります。

親知らずは口内にスペースが十分にない場合、顎の骨の隅の方で不自然な形で生えてきたり、一部だけが頭を出してきたりして、結果その部分の歯磨きがしにくくそのままむし歯や歯周病になってしまう恐れがあります。また頬の粘膜にぶつかって痛かったり、不快感などを引き起こすこともあります。

埋伏智歯(まいふくちし)とは、骨の中に完全に埋まったままだったり、部分的に生え、一部が骨や歯肉で覆われたままの智歯を言います。口内でこの歯が問題になる場合、この埋伏智歯の抜歯を行います。

顎関節症の治療

顎関節つまり顎の関節の周辺に何らかの異常があり、主に
「口を大きく開くと顎がカクカクと鳴る」
「口が開けづらい」
「口を開けるとき、顎が痛い」
などの症状を言います。

慢性的な疾患で原因は様々、症状も個人によって異なりますが、まとめて顎関節症と呼ばれています。
開口訓練をしたり場合によってはナイトガート(マウスピース)の作製をして治療していきます。

歯に関するお悩みなどございましたらお気軽にご連絡下さい

lp-banner-img_03lp-banner-img_09lp-banner-img_06

※受診は予約優先となっております。ご予約はお電話でお願いします。

【所在地】〒511-0078 三重県桑名市桑栄町2 桑栄ビル3F
【TEL】0594-22-6146
【受付時間】9:00~12:30 / 14:30~18:00
【休診日】水曜日の午後・木曜日 ・日曜日・祝日
© 2017 桑栄歯科